香港と中国本土の政治・経済・社会ニュースを日本語で速報します
香港―社会

「日本秋祭 in 香港」の記者会見

銅鑼湾の香港日本人倶楽部で9月25日、「日本秋祭 in 香港―魅力再発見―」の記者会見が行われた。

今年で4回目を迎える同イベントは在香港日本国総領事館が日本の文化団体、学校、企業、地方自治体などと協力して実施する。記者会見は和太鼓によるパフォーマンスで開幕、イベント期間中に開催される徳島県の阿波踊り、香港武道などの紹介が行われた。

同イベントの昨年の動員数は100万人を超え、香港の秋の大規模イベントとして定着してきた期間中は、日本伝統武道や武術に関するレクチャーと演武のイベント「日本武道フェスティバル2019」、今年の日本国総領事館主催「日本映画祭」第一弾として東映アニメーション60周年記念プロジェクトして制作されたアニメ動画「ポッピンQ(宮原直樹監督)」を上映、また5人組アカペラ・グループ「ゴスペラーズ」の香港公演(10月27日)や、香港ディズニーランド・リゾートのメーンストリートUSAで徳島県伝統の「阿波踊り」を演舞(11月16日)など、公演・芸術、工芸、映画、飲食、スポーツ、教育分野あわせて約100のイベントが認定、日本の魅力を紹介する。

在香港日本国総領事館の和田充広・大使兼総領事は記者会見で「香港から日本への渡航者は昨年は220万人を突破しており日本人気熱は高まっている。また香港への日本の農産物の輸出額は14年連続首位であり、香港と日本間は、より緊密な関係は深まっている」と話したうえで、日本の食文化、音楽、サブカルチャーなどが香港の幅広い世代に受け入れられていることに感謝すると述べた。「日本秋祭 in 香港―魅力再発見―」は10~11月の約2カ月にわたって開催される。

今なら無料 日刊香港ポストの購読はこちらから
香港メールニュースのご登録

日刊香港ポストは月曜から金曜まで配信しています。ウェブ版に掲載されないニュースも掲載しています。時差ゼロで香港や中国各地の現地ニュースをくまなくチェックできます。購読は無料です。登録はこちらから