香港と中国本土の政治・経済・社会ニュースを日本語で速報します
香港―社会

コロナのキャセイ客室乗務員を逮捕

警察は1月17日、「預防及控制疾病規例」(第599A章)違反の容疑でキャセイパシフィック航空の客室乗務員2人を逮捕・起訴した。18日付香港各紙によると、2人はそれぞれ昨年12月24日と25日に米国から香港に到着、医学監察期間の25日と27日に不必要な活動を行い、第599A章に違反した疑いがある。2人はその後、新型コロナウイルス感染症(COVID―19)オミクロン変異種ウイルス株の感染が確認され、すでに完治して退院した。警察は第599A章第15(3)条に基づき2人を逮捕して起訴。2月9日に公判が行われる。有罪となれば罰金5000ドルと禁固6カ月の刑が科される可能性がある。コロナ流行第5波はキャセイ客室乗務員が在宅隔離期間に外食してオミクロンを市中にもたらしたことによる。キャセイは先の記者会見で計5人のクルーが香港に戻ってからの医学観察期間にオミクロン感染が確認されたことを明らかにした。消息筋情報ではオミクロンの市中感染をもたらしたのはニューヨークとシカゴから戻った客室乗務員で、停職処分となっている。

今なら無料 日刊香港ポストの購読はこちらから
香港メールニュースのご登録

日刊香港ポストは月曜から金曜まで配信しています。ウェブ版に掲載されないニュースも掲載しています。時差ゼロで香港や中国各地の現地ニュースをくまなくチェックできます。購読は無料です。登録はこちらから