香港と中国本土の政治・経済・社会ニュースを日本語で速報します
香港―社会

ドイツ製ワクチンの接種間隔を延長

特区政府は6月17日、専門家の最新の提案を受け入れバイオNテックの新型コロナウイルス感染症(COVID―19)ワクチンの接種間隔の延長を発表した。同日の香港メディアによると、18~59歳の市民がバイオNテックのワクチンを接種する場合、1回目の接種から2回目の接種までの間隔はこれまで3週間以上とされていたが、これを8週間以上に延長するよう注意を呼びかけた。22日午前9時から該当者はワクチン接種スキーム専用ウェブサイトの予約システムを通じて1回目の接種から8週間後の予約時間を選択できることとなる。すでに2回目の接種を予約した市民はまずその予約をキャンセルまたはウェブサイトで変更するよう求めた。特別な必要性がある者は個人のリスクとメリットを考慮してリスクに同意した上で、1回目から2回目の接種間隔を少なくとも3週間以上に短縮することも可能と指摘した。専門家がバイオNテックのワクチン接種後に心筋炎が発生する状況について調べたところ、1回目と2回目の接種間隔を延長すれば発生リスクが低下するとのデータが得られたという。

今なら無料 日刊香港ポストの購読はこちらから
香港メールニュースのご登録

日刊香港ポストは月曜から金曜まで配信しています。ウェブ版に掲載されないニュースも掲載しています。時差ゼロで香港や中国各地の現地ニュースをくまなくチェックできます。購読は無料です。登録はこちらから