香港と中国本土の政治・経済・社会ニュースを日本語で速報します
香港―社会

ドンキの寿司がブラインドボックス

4月22日、使い捨てプラスチック規制の第1段階措置が正式に発効し、飲食店は使い捨てプラスチック容器を提供できないと規定されている。23日の香港メディアによると、一部のネットユーザーは、日本の大手スーパーマーケットチェーンであるドンドンドンキで販売されている持ち帰り寿司が、プラスチックの箱とプラスチックの蓋ではなく、紙の箱と紙のカバーに置き換えられ、中身が分からない「ブラインドボックス」になっていたことを話題にした。寿司が新鮮かどうか分からず 「こんな商品は買わない」と率直に言い切る客もいれば、大手スーパーの品質に自信があるという客もいた。

香港紙記者が23日午後、支店の1つを訪れたところ、店内にある寿司や丼の約20%が紙製の蓋がついた紙箱に変更され、「店内でのお食事には使い捨てのプラスチック容器の使用が法律で禁止されています」との張り紙があった。 顧客の陳さんは寿司を買うときに悩んだといい、「選び方が分からなかったら、絶対に買わない」と率直に語った。彼は透明なカバーがなければ、箱の中の食べ物の状態を観察するのが難しい、あるいは寿司が「ひっくり返った」または「崩れている」ことがあるとみている。彼は通常「欠陥」のある寿司を購入せず、関連規制は不便だと考えている。

今なら無料 日刊香港ポストの購読はこちらから
香港メールニュースのご登録

日刊香港ポストは月曜から金曜まで配信しています。ウェブ版に掲載されないニュースも掲載しています。時差ゼロで香港や中国各地の現地ニュースをくまなくチェックできます。購読は無料です。登録はこちらから