香港と中国本土の政治・経済・社会ニュースを日本語で速報します
香港―経済

ビジネス協会が香港フォーラム開催

香港ビジネス協会世界連盟(Federation)主催の国際イベント「第22回香港フォーラム」が11月30日、12月1日にオンライン形式で開催された。2日間にわたり香港の最新状況やビジネス情報について、香港経済界の有力者を招いた講演会やパネルディスカッション、ネットワーキングセッションが開催された。初日に行われた基調講演には特区政府の陳茂波・財政長官が登壇した。香港の経済活動の現状に言及し、今年の通年域内総生産(GDP)伸び率は6.4%と予測。さらに経済自由度が3位となった今年を振り返り 「香港の経済は戻った。内需が戻ってきたことは喜ばしい」と述べ、香港経済の優位性を強調した。

初日のメーンセッションは「イノベーションとサステナビリティを通じた新たなビジネスチャンス」をテーマに、パンデミック後に成功するための鍵と考えられる新たなビジネスについてパネルディスカッションを展開した。2日目は粤港澳大湾区(GBA)の双循環政策とGBA開発の可能性についてなどをテーマを取り上げ、パンデミック後に期待される新ビジネス「ヘルステック・イノベーションとウェルネス」について香港の若手起業家たちによるパネルディスカッションが行われた。主催の香港ビジネス協会世界連盟は世界各国・地域にある香港ビジネス協会を統括する組織。各国協会間のビジネス面におけるグローバルネットワークの強化・発展に加えビジネスチャンスの発掘を目的として、2000年11月に香港貿易発展局の支援で発足。現在、世界35カ国・地域に約46のメンバー協会があり、総会員数は1万1000人以上。香港フォーラムは2000年より年1回開催されている。

今なら無料 日刊香港ポストの購読はこちらから
香港メールニュースのご登録

日刊香港ポストは月曜から金曜まで配信しています。ウェブ版に掲載されないニュースも掲載しています。時差ゼロで香港や中国各地の現地ニュースをくまなくチェックできます。購読は無料です。登録はこちらから