香港と中国本土の政治・経済・社会ニュースを日本語で速報します
マカオ—経済

ホテルの客室稼働率が黄金週超える

マカオでは中国本土からの入境が9月に全面解禁されたことにより、ホテルの客室稼働率が改善している。12月29日付香港各紙によると、現地の旅行会社はクリスマス休暇中のホテルの全体的な客室稼働率が10月の黄金週(ゴールデンウィーク)を上回る約50%に達し、一部のホテルでは70~80%に達したことを明らかにした。政府や業界では正月から春節(旧正月)にかけても優待サービスのプロモーションを続け、旅客市場を刺激するとみられる。中国本土のホテル予約プラットフォームでは、マカオのホテル客室料金が前年比で大幅に低下していると報じられている。 以前はマカオのホテルの宿泊料が高いことから、日帰りか珠海市のホテルに泊まる観光客も多かったが、現在は現地のホテルに泊まる傾向にあるためマカオに滞在する観光客が増えるとみられている。

今なら無料 日刊香港ポストの購読はこちらから
香港メールニュースのご登録

日刊香港ポストは月曜から金曜まで配信しています。ウェブ版に掲載されないニュースも掲載しています。時差ゼロで香港や中国各地の現地ニュースをくまなくチェックできます。購読は無料です。登録はこちらから