香港と中国本土の政治・経済・社会ニュースを日本語で速報します
香港―社会

ワクチン接種した男女2人が死亡

特区政府衛生署は5月8日、同日午後4時までの過去24時間に医院管理局から2件の死亡ケースの報告を受け、新型コロナウイルス感染症(COVID―19)ワクチン接種後14日以内に発生した深刻な異常事件の疑いがある。医院管理局の資料によると、死亡したうちの1人は58歳女性で、7日に胸の痛みと呼吸困難によりクイーン・エリザベス病院で受診し、検査によって大動脈裂傷を発見。8日朝に死亡した。死因は大動脈裂傷となっている。1日にコミュニティー・ワクチン接種センターでバイオNテックのワクチンの1回目の接種を受けていた。死亡したもう1人は61歳男性で、7日夜に勤務先で意識不明となっていたところを発見され、キリスト教連合医院の救命センターに運ばれた。検査によって心室細動が発見され、同日夜に死亡した。5日にコミュニティー・ワクチン接種センターでバイオNテックのワクチンの1回目の接種を受けていた。2人とも接種後の観察期間に不調が表れた記録はなく、死因がワクチン接種と関係あることを示す臨床証拠は提供されていない。

今なら無料 日刊香港ポストの購読はこちらから
香港メールニュースのご登録

日刊香港ポストは月曜から金曜まで配信しています。ウェブ版に掲載されないニュースも掲載しています。時差ゼロで香港や中国各地の現地ニュースをくまなくチェックできます。購読は無料です。登録はこちらから