香港と中国本土の政治・経済・社会ニュースを日本語で速報します
香港―社会

中国以外からの入境者すべてに検疫

香港では3月19日午前零時、中国以外からの入境者すべてに検疫を受けさせる措置を開始した。

同日の香港メディアによると、対象者は国籍や旅券を問わず14日間、自宅での隔離となり、同措置は3カ月維持される。政府はすでに1日当たり1万~2万本の電子リストバンドを配布する準備をしており、入境者が指定の場所で隔離されていることを確保する。バンドはスマホアプリと連動し、入境者に空港で取り付け、帰宅後に起動。WiFi、大気電波、GPSの信号の変化によって検疫者が指定の場所を離れていないかどうかを判断。指定場所を離れれば関連部門に即刻通知されるが、所在地の情報は取得できない。

さらに空港到着時に病状が表れていない者にはサンプル収集ボトルを配り、自宅に帰った後で唾液をサンプルとして採取し、医院管理局か衛生署の回収場所に提出し化学検査を行う。アジア国際博覧館と北ランタオ島病院に検査拠点を置くことも検討している。

今なら無料 日刊香港ポストの購読はこちらから
香港メールニュースのご登録

日刊香港ポストは月曜から金曜まで配信しています。ウェブ版に掲載されないニュースも掲載しています。時差ゼロで香港や中国各地の現地ニュースをくまなくチェックできます。購読は無料です。登録はこちらから