香港と中国本土の政治・経済・社会ニュースを日本語で速報します
香港―社会

事故物件などの公共住宅に6万人申請

公共住宅の入居待ち期間が長期化する中、房屋署は毎年のように「特快速公屋編配計画」を打ち出し、低所得層過程に公共住宅入居の便宜を図っている。9月3日の香港メディアによると、今期の同スキームは7月20日から8月9日までの期間に申請を受け付け、房屋署は計約6万800件の申請を受け付けたと発表した。うち約3万1900件は単身の申請者、約2万8900件は2人以上の世帯の申請者となっている。「特快速公屋編配計画」に含まれている物件は各区の公共住宅団地に分布し、一部の物件は近隣にゴミ処理場があるか、過去に不幸な事件が起きた事故物件となっている。

今なら無料 日刊香港ポストの購読はこちらから
香港メールニュースのご登録

日刊香港ポストは月曜から金曜まで配信しています。ウェブ版に掲載されないニュースも掲載しています。時差ゼロで香港や中国各地の現地ニュースをくまなくチェックできます。購読は無料です。登録はこちらから