香港と中国本土の政治・経済・社会ニュースを日本語で速報します
香港―政治

出入境再開、中央に基準緩和求める

林鄭月娥・行政長官はこのほど中国新聞社と香港紙のインタビューを受け、中央政府に要求している数々の香港支援策を明らかにした。10月19日の香港メディアによると、林鄭長官は間もなく北京に赴き中央の部・委員会と香港支援策について協議するが、内容は主に金融、科学技術イノベーションのほか、香港と中国本土との出入境再開、本土からのワクチン供給など民生議題も含まれていると述べた。林鄭長官は香港で新型コロナウイルス肺炎(COVID―19)の新たな感染者が14日連続でゼロとなることは難しいと中央に説明し、出入境について本土側の基準緩和を求めたと指摘。ウイルス流行状況がコントロールできてさえいれば、健康QRコードや人数制限などの条件を設けて出入境を再開できるように要求しているという。健康QRコードの進展については、できるだけ早く実現すると強調した。金融面では粤港澳大湾区での越境資産運用の詳細や保険商品の相互乗り入れを協議する。航空運輸分野では第3滑走路の供用時に中央が支援策を打ち出すよう求め、粤港澳大湾区の航空ハブとして香港国際空港の地位を強化するという。

今なら無料 日刊香港ポストの購読はこちらから
香港メールニュースのご登録

日刊香港ポストは月曜から金曜まで配信しています。ウェブ版に掲載されないニュースも掲載しています。時差ゼロで香港や中国各地の現地ニュースをくまなくチェックできます。購読は無料です。登録はこちらから