香港と中国本土の政治・経済・社会ニュースを日本語で速報します
香港―政治

台湾が出頭意向の殺人犯の入境拒否

逃亡犯条例改正問題の発端である殺人容疑者の香港人青年が台湾に赴き警察に出頭する意向を示したものの、台湾当局が入境を拒否すると表明した。

10月21日付香港各紙によると、台湾で指名手配を受けている陳同佳氏は先週、林鄭月娥・行政長官に出所後に台湾に赴き出頭するとの手紙を送った。だが台湾メディアの報道によると、移民署はすでに陳氏と彼に出頭を説得した牧師の管浩鳴氏を入境を認めないことにした。台湾の大陸委員会は「香港特区政府は司法相互協力の形で処理し、香港での事件の証拠を提供すべき。単に容疑者を台湾に送ればいいわけではない」との声明を発表。法務部も「特区政府は突然、容疑者の台湾出頭を操作して、正式な司法ルートを通じて対応せず、政治が司法を凌駕している」と批判。被告も被害者も香港住民であるため犯罪の画策は香港で行われ、香港に司法管轄権があると指摘した。

これに対し特区政府は20日、「陳同佳氏が出頭させられたとの指摘は政治的操作によるもので事実ではない。特区政府は喜んで合法的に可能な協力を提供する」と反論した。台湾の馬英九・前総統はこの件についてSNSでコメントし「蔡英文政府が明らかに政治上の理由のために司法管轄権を放棄している。選挙の利益を人権・法治より重視し、政治的配慮が人命を上回っている」と批判した。

今なら無料 日刊香港ポストの購読はこちらから
香港メールニュースのご登録

日刊香港ポストは月曜から金曜まで配信しています。ウェブ版に掲載されないニュースも掲載しています。時差ゼロで香港や中国各地の現地ニュースをくまなくチェックできます。購読は無料です。登録はこちらから