香港と中国本土の政治・経済・社会ニュースを日本語で速報します
香港―経済

回転ずしの「スシロー」がオープン

九龍半島・佐敦(ジョーダン)の弥敦道(ネイザンロード)沿いに8月13日、回転ずしチェーン最大手「スシロー」の香港1号店がソフトオープンした。

「スシロー」は1984年に創業、現在は日本国内530店舗以上展開しており、海外では2011年に韓国、18年に台湾に進出し、香港は3番目。19日にはシンガポールでもオープンする。構想10カ月を経て開業した香港店は敷地面積が約8000スクエアフィート、座席は主にボックスシートで144席。幅広い通路には大きな窓が2面あり、明るく広々とした空間となっている。

8年連続で日本一の売り上げを誇る「スシロー」は、元有名ホテルのシニアシェフ率いる商品開発チームが毎年70種のメニューを商品化している。海外でも同様の商品開発チームをおき3カ月に一度はメニューを見直すという。メニューは伝統的なメニューから創作メニュー、デザート、サイドメニューなどあわせて120種類、1皿12~27ドルの5つの価格で提供する。ほかにも「サーモンアボカドロール」や「ドラゴンロール」といった香港オリジナルや、子供向けメニューも揃えている。

またICチップを利用してビッグデーターを収集することで、効率よく経営に反映させられるテクノロジーを駆使した運営も強化していく。香港壽司郎有限公司 総経理 荒谷和男氏は「香港は家賃は高いものの、人口は密集し外食産業も盛んな都市。非常に挑戦しがいがある場所」と話す。

佐敦店では1日1000人の来店客数を目指し、今後5年以内に20~50店舗拡大を狙う。ソフトオープンは24日まで(営業時間:正午~21時)、25日よりグランドオープン(11時~23時)、所在地は九龍弥敦道348號弥敦坊高層地下(UG層)。

今なら無料 日刊香港ポストの購読はこちらから
香港メールニュースのご登録

日刊香港ポストは月曜から金曜まで配信しています。ウェブ版に掲載されないニュースも掲載しています。時差ゼロで香港や中国各地の現地ニュースをくまなくチェックできます。購読は無料です。登録はこちらから