香港と中国本土の政治・経済・社会ニュースを日本語で速報します
香港―政治

夏宝竜・主任が『りんご日報』批判

北京で7月に「香港版国家安全法実施1周年の回顧と展望」と題するフォーラムが開催された。7月30日付香港各紙は国務院香港マカオ弁公室の夏宝竜・主任がフォーラムで講演した全文を掲載。夏主任は「国家安全法が香港版カラー革命の謀略を徹底的に粉砕した」と指摘したほか、すでに休刊した『りんご日報』を名指しで「毒メディア」と批判した。夏主任は「香港衆志」を含む多くの「香港独立」組織が解散し、黄之鋒氏らが刑を受けて服役していることを挙げ、「香港版国家安全法ができたことで香港に国家の安全を守る手段がなかった歴史が終わり、香港版カラー革命の謀略を徹底的に粉砕した」「香港版国家安全法ができたことで香港特区の統治秩序が正常に戻り、施政環境が改善した」と述べた。さらに6月末までに香港版国家安全法違反の容疑で逮捕された反中乱港分子は117人で、うち64人が起訴されたことや、『りんご日報』を法に基づき調査したと指摘。3万人の香港警察は一貫して最高レベルのプロの素養と最大限の自制、最低限の武力使用によって香港の750万人の市民を全力で守ったと称賛した。

今なら無料 日刊香港ポストの購読はこちらから
香港メールニュースのご登録

日刊香港ポストは月曜から金曜まで配信しています。ウェブ版に掲載されないニュースも掲載しています。時差ゼロで香港や中国各地の現地ニュースをくまなくチェックできます。購読は無料です。登録はこちらから