香港と中国本土の政治・経済・社会ニュースを日本語で速報します
香港―経済

多くのホテルが隔離施設に名乗り

新型コロナウイルスの感染が再び拡大する中、政府当局がホテルを検疫施設として指定する計画について、多くのホテルが名乗りをあげているようだ。12月8日付香港各紙によると、ホテルが受け入れる対象は留学生も含め香港に到着した人のうちウイルス検査で陰性が確認された人で、空港から専用車でホテルに移動して14日間の強制検疫(隔離)を受けることになる。この計画に対してホテル業界からの反響は大きく、検疫施設として申請された部屋数は1万室を超え、政府の目標を大きく上回っている。ホテルのランクはさまざまで、このうち1泊の宿泊料が1000ドル以下という中級から底価格の客室が最も多いという。3つ星クラスやゲストハウスの中には1泊300~400ドルで提供される部屋もあるとみられる。一方、先に政府から指定された観塘の帝盛酒店(Dorsett Hotel)では12月7日からすでに検疫施設としての利用がスタートしている。

今なら無料 日刊香港ポストの購読はこちらから
香港メールニュースのご登録

日刊香港ポストは月曜から金曜まで配信しています。ウェブ版に掲載されないニュースも掲載しています。時差ゼロで香港や中国各地の現地ニュースをくまなくチェックできます。購読は無料です。登録はこちらから