香港と中国本土の政治・経済・社会ニュースを日本語で速報します
香港―社会

施政報告、高齢者生活手当を一律に

最新の施政報告(施政方針演説)が10月6日に発表される。1日の香港メディアによると、消息筋情報では政府は高齢者生活手当の統一を再度提案する意向で、高額生活手当の金額である3815ドルを一律として採用するという。ただし1~2年の時間をかけて段階的に実施し、約5万人の高齢者が恩恵を受ける見込みだ。現行の高齢者生活手当は普通と高額の2種類に分かれ、高額は3815ドル、普通は2845ドルとなっている。林鄭月娥・行政長官は昨年1月に普通と高額の統一を発表していたが、年末に財政への影響を考慮し実施時間をあらためて検討することとなった。

今なら無料 日刊香港ポストの購読はこちらから
香港メールニュースのご登録

日刊香港ポストは月曜から金曜まで配信しています。ウェブ版に掲載されないニュースも掲載しています。時差ゼロで香港や中国各地の現地ニュースをくまなくチェックできます。購読は無料です。登録はこちらから