香港と中国本土の政治・経済・社会ニュースを日本語で速報します
香港―社会

本土からの入境は引き続き検疫免除

特区政府は8月8日、香港への入境者の隔離・検疫政策の改善を発表した。9日付香港各紙によると、政府は中国本土・マカオから香港に戻る市民の「回港易」と香港に来るマカオ・本土住民の「来港易」のスキームは影響を受けず、引き続き強制検疫が免除されると指摘した。「回港易」「来港易」スキームが適用されない本土・マカオからの入境者は在宅の強制検疫期間が3晩に調整され、香港到着後3日目からの4晩は自主監察となる。自主監察期間は毎日体温を2回測り、要求に応じて強制PCR検査を受け、その間はワクチンパスの黄色コードは適用されない。

今なら無料 日刊香港ポストの購読はこちらから
香港メールニュースのご登録

日刊香港ポストは月曜から金曜まで配信しています。ウェブ版に掲載されないニュースも掲載しています。時差ゼロで香港や中国各地の現地ニュースをくまなくチェックできます。購読は無料です。登録はこちらから