香港と中国本土の政治・経済・社会ニュースを日本語で速報します
香港―政治

李家超氏、マニフェストを発表

行政長官選挙の唯一の候補者である李家超・前政務長官は4月29日、政権公約(マニフェスト)の作成を発表した。同日の香港メディアによると、マニフェストに盛り込まれた4大綱領と出馬表明で示された3大施政理念が香港の今後の施政の方向性となる見込みだ。

4大綱領とは(1)政府の統治能力強化(2)土地・住宅の供給加速(3)香港の競争力向上(4)社会への配慮、若者の発展重視――で、3大施政理念とは(1)結果を目標として問題を解決(2)香港の競争力を全面的に向上(3)発展の基盤強化――。統治能力強化では、政府の機構改革や政治委任官僚のポスト設置と職責の役割分断を改善することで施政能力の向上を検討する。

安定の基盤を強化するために基本法23条の現地立法作業を実現。18区にボランティアネットワーク「地区サービス・ケアチーム」を設置し、疫病、自然災害などで政府の地域活動を支援する。住宅問題では公共住宅の入居前倒しスキームを推進し、第6期政府の就任100日以内に公共住宅の建設加速に関する計画案を提出する。北部都会区の開発計画とランタオ島開発計画を通じて都市計画を改善する。

経済政策では(1)オフショア人民元業務ハブ、国際資産管理センター、リスク管理センターの機能強化(2)香港国際イノベーション科学技術センターを発展させて経済を転身(3)北部都会区の計画・建設を推進し中国本土との連携強化(4)文化の都となってクリエーティブ経済を推進(5)アジア太平洋地域の国際法律・争議解決サービスセンターの地位強化(6)対外プロモーションと投資誘致を強化し、中小企業のプロモーションと業務開拓をサポート――などを挙げた。

今なら無料 日刊香港ポストの購読はこちらから
香港メールニュースのご登録

日刊香港ポストは月曜から金曜まで配信しています。ウェブ版に掲載されないニュースも掲載しています。時差ゼロで香港や中国各地の現地ニュースをくまなくチェックできます。購読は無料です。登録はこちらから