香港と中国本土の政治・経済・社会ニュースを日本語で速報します
香港―社会

李長官、検疫措施で本土と合意急ぐ

香港の新型コロナウイルス感染症(COVID―19)の陽性ケースが連日4000件を超え、コミュニティー隔離施設の需要が高まっているだけでなく、中国本土との出入境再開の進展に対する市民の関心も高まっている。7月31日付香港各紙によると、香港の隔離施設を「健康駅站」に変更し、本土に向かう市民が出境前に隔離検疫を受け、本土の隔離ホテルに宿泊するのに取って代わることで暫定的に両地の出入境をスムーズにすることが要求されている。李家超・行政長官はこの要求を聞いていると述べ、本土とは絶えず意思疎通を図っていると強調。本土側に香港の新型コロナ流行状況を明確に把握させると同時に香港の管理措置を理解してもらい、モジュール病院をどのように利用するかなど、まず本土と合意に達する必要があると指摘した。

今なら無料 日刊香港ポストの購読はこちらから
香港メールニュースのご登録

日刊香港ポストは月曜から金曜まで配信しています。ウェブ版に掲載されないニュースも掲載しています。時差ゼロで香港や中国各地の現地ニュースをくまなくチェックできます。購読は無料です。登録はこちらから