香港と中国本土の政治・経済・社会ニュースを日本語で速報します
香港―社会

極狭アパートの8割が消防設備不足

草の根団体「関注基層住屋連席」はこのほど、サムスイポ地区と油尖旺区の極狭アパート入居者239人と、極狭アパートの所有者団体メンバーにオンラインアンケートを実施した。1月30日の香港メディアによると、調査の結果、50%余りが「建物内に消火器やスプリンクラーが設置されていない」と回答し、51%が「廊下に逃げ場がない」と回答。調査した所有者団体メンバーの81%は、火災安全法の遵守に技術的な困難があると答え、37%は消防局と建築局が点検に訪れたことがないと答えた。「関注基層住屋連席」の事務局長は、火災安全建築物条例では敷地内に消防設備を設置することが義務付けられているが、1973年3月以前に完成した建築物は対象外であり、油尖旺区には築60年以上の建築物が多く、条例で規制されていないと指摘。政府に対し極狭アパートの管理に関する法律を制定し、火災と建物構造の安全に対する所有者の責任を規定し、入居者の安全を守るために規制することを求めた。

今なら無料 日刊香港ポストの購読はこちらから
香港メールニュースのご登録

日刊香港ポストは月曜から金曜まで配信しています。ウェブ版に掲載されないニュースも掲載しています。時差ゼロで香港や中国各地の現地ニュースをくまなくチェックできます。購読は無料です。登録はこちらから