香港と中国本土の政治・経済・社会ニュースを日本語で速報します
香港―社会

正月食品の検査、2回目すべて合格

香港は2月10日に春節(旧正月)を迎える。これに先駆け政府食物安全中心(CFS)は香港域内で販売される「旧正月向け食品」のサンプル検査を2回実施した。1月16日に公表された第1回の結果はサンプル約420個のうち1個を除き合格だった。これ続き2月6日に第2回の検査結果が公表された。同日の政府公報によると、小売店、オンラインショップから採取したサンプル約180個について着色料(スーダンレッドなど)や防腐剤、金属、サルモネラ菌などの微生物、脂肪、塩分、糖分などの含有量を測定したところ、すべて基準を満たしており合格となった。検査対象となった食品は、年●(中華風もち)、ダイコンもち、白玉だんご、揚げゴマだんご、スイカの種、ナッツ類、キャンディー、海産物の干物などだ。香港では政府機関の食物安全中心が定期的に食品の安全基準について検査を行っており、毎年、中秋節の月餅、上海ガニなど、旬の食材にはとりわけ注目が集まる。【●=米へんに羔】

今なら無料 日刊香港ポストの購読はこちらから
香港メールニュースのご登録

日刊香港ポストは月曜から金曜まで配信しています。ウェブ版に掲載されないニュースも掲載しています。時差ゼロで香港や中国各地の現地ニュースをくまなくチェックできます。購読は無料です。登録はこちらから