香港と中国本土の政治・経済・社会ニュースを日本語で速報します
華南―社会

深セン、感染者の流入防止を強化

香港が9月26日から対外防疫政策を緩和したが、深セン市では防疫措置を強化した。同日付香港各紙によると、深センでは25日、疫情防控工作会議が開催され、ゼロコロナの実現などを堅持するほか、当局は域外からの感染者流入を防ぐことに力を入れ、出入境管理所エリアの管理強化を要求。市内ではマスク着用、QRコードスキャン、検査結果の提示などを厳格に要求するという。特区政府医務衛生局の盧寵茂・局長は25日、テレビ番組に出演した際、今回の入境検疫の緩和が中国本土との出入境再開に影響するとの見方を否定。香港から本土に入境する際には48時間以内のPCR検査の陰性証明が必要で、検疫期間に発見された陽性はわずか0.5%であることを挙げ、国家の南の玄関を守っていると形容した。

今なら無料 日刊香港ポストの購読はこちらから
香港メールニュースのご登録

日刊香港ポストは月曜から金曜まで配信しています。ウェブ版に掲載されないニュースも掲載しています。時差ゼロで香港や中国各地の現地ニュースをくまなくチェックできます。購読は無料です。登録はこちらから