香港と中国本土の政治・経済・社会ニュースを日本語で速報します
華南―社会

深セン、香港市民の隔離21日に戻す

香港で新型コロナウイルス感染症(COVID―19)変異種ウイルスの地場感染者が確認されたことから、深セン市は検疫措置を引き締めた。5月7日の香港メディアによると、深セン市政府は同市に入境した香港市民の隔離期間を再び14日から21日に変更した。香港市民を含むすべての入境者が対象で、最初の14日間は集中隔離で、その後の7日間はコミュニティー健康監測管理となり、隔離期間は計6回の核酸増幅検査を行う。

今なら無料 日刊香港ポストの購読はこちらから
香港メールニュースのご登録

日刊香港ポストは月曜から金曜まで配信しています。ウェブ版に掲載されないニュースも掲載しています。時差ゼロで香港や中国各地の現地ニュースをくまなくチェックできます。購読は無料です。登録はこちらから