香港と中国本土の政治・経済・社会ニュースを日本語で速報します
香港―経済

空輸検疫引き締めで日本食材値上げ

キャセイパシフィック航空のクルー検疫措置の抜け道が新型コロナウイルス感染症(COVID―19)流行第5波をもたらしたことから、林鄭月娥・行政長官は航空輸送の検疫措置を引き締めると発表した。2月7日付香港各紙によると、検疫措置引き締めによって一部の輸入貨物は価格上昇や品不足となることが見込まれ、日本料理店の生鮮食品も含まれる。日本食材卸売り大手の力生控股集団は「目下のところ検疫措置引き締めによって香港に供給される日本食材の価格や数量に大きな影響は出ていない」とコメント。むしろ飲食店の夜間店内飲食禁止によって顧客需要は大幅に減退しているため何ら圧力はないが、夜間店内飲食の再開後に空輸食材に影響が出るかどうか予測が難しいという。最悪の場合は高級食材が供給不足となる可能性があり、一部の飲食店は海運の乾物や冷凍食品で代替するが、高級な刺し身などは価格が跳ね上がるとみられる。力生控股集団は香港・マカオの1500軒余りのレストラン、ホテル、スーパーに良質な日本食材を供給している。

今なら無料 日刊香港ポストの購読はこちらから
香港メールニュースのご登録

日刊香港ポストは月曜から金曜まで配信しています。ウェブ版に掲載されないニュースも掲載しています。時差ゼロで香港や中国各地の現地ニュースをくまなくチェックできます。購読は無料です。登録はこちらから