香港と中国本土の政治・経済・社会ニュースを日本語で速報します
香港―政治

第6期行政長官に李家超氏が当選

香港コンベンション・アンド・エキシビション・センターで5月8日、第6期行政長官選挙の投開票が行われ、唯一の候補者である李家超氏(前政務長官)が当選した。

行政長官選挙の投票は午前9時から始まり、午前11時30分に締め切られた。計1428人の選挙委員会委員が投票し、投票率は97.74%。開票作業は午前11時57分から開始され、正午20分に完了。約23分で1428票を開票し、選挙主任が正午28分に選挙結果を発表した。今回は候補者が1人であるため、選挙委員は支持票または不支持票を投じ、選挙委員の過半数である750票超の支持票を獲得すれば当選となる。

李氏が獲得した有効な支持票は1416票で次期行政長官に当選。不支持票は8票だった。選挙委員のうち33人は投票しなかった。1428票で計算すると支持率は99.2%となる。当選者は中央政府の任命を経て7月1日に次期行政長官に就任する。

当選後の記者会見で李氏は、就任後は住宅問題を優先的に処理し、適切な時機に基本法23条の立法作業を推進すると表明。民主党や民協など民主派政党との和解推進について問われた際、「政治体制改革は優先課題ではない。多くの方面で速やかに着手しなければならない仕事がある」と述べた。

今なら無料 日刊香港ポストの購読はこちらから
香港メールニュースのご登録

日刊香港ポストは月曜から金曜まで配信しています。ウェブ版に掲載されないニュースも掲載しています。時差ゼロで香港や中国各地の現地ニュースをくまなくチェックできます。購読は無料です。登録はこちらから