香港と中国本土の政治・経済・社会ニュースを日本語で速報します
Uncategorized

給与手当は5月までに申請受け付け

特区政府は4月14日、新型コロナウイルス肺炎(COVID―19)流行の企業支援策である給与手当の詳細を発表した。

同日の香港メディアによると、給与手当は5月末までに申請受け付けを開始し、6月中に第一期の手当を雇用主に発給するのを目標とする。6カ月の給与手当を2回に分け、第一期は6~8月の給与、第二期は9~11月の給与となる。

第一期の手当の基準は雇用主が2020年1月、2月、3月から「指定月」を選択できる。6月、7月、8月の手当は「指定月」の実際の給与を計算の基礎とする。

第一期の手当は2020年6月、7月、8月の期間,従業員数が2020年3月の人数を下回らないことを承諾しなければならない。政府の給与手当はすべて給与に充てなければならず、承諾に違反した場合は罰則が科される。

今なら無料 日刊香港ポストの購読はこちらから
香港メールニュースのご登録

日刊香港ポストは月曜から金曜まで配信しています。ウェブ版に掲載されないニュースも掲載しています。時差ゼロで香港や中国各地の現地ニュースをくまなくチェックできます。購読は無料です。登録はこちらから