香港と中国本土の政治・経済・社会ニュースを日本語で速報します
香港―社会

葵涌邨で集団感染、105人に激増

公共住宅の葵涌邨で発生した新型コロナウイルス感染症(COVID―19)の集団感染はわずか一晩で約20人から105人に激増した。1月23日付香港各紙によると、今回の集団感染の原因は検疫ホテル集団感染に含まれているパキスタン系男性が葵涌邨を訪れた際に団地内の逸葵楼のゴミ収集室に出入りしたことによる。感染した団地の清掃員2人はこのパキスタン系団体に接触したとみられ、うち1人は団地内16棟に出入りしている。最初に集団感染が発生しが逸葵楼では96人の住民と訪問者が感染。感染した清掃員が居住している映葵楼でも集団感染が発生し、同棟は22日午前4時から封鎖。5日間の外出禁止令が敷かれ、第1陣940人の検査の結果、8人が初歩的に感染が確認された。また当局は葵涌邨に居住するすべての政府職員は暫定的に勤務地に出勤せずに自宅にとどまるべきと発表した。葵涌邨の計16棟には3万5000人の住民がおり、中間にある2棟の警察官宿舎を合わせると3万6000~7000人を検査することとなる。

今なら無料 日刊香港ポストの購読はこちらから
香港メールニュースのご登録

日刊香港ポストは月曜から金曜まで配信しています。ウェブ版に掲載されないニュースも掲載しています。時差ゼロで香港や中国各地の現地ニュースをくまなくチェックできます。購読は無料です。登録はこちらから