香港と中国本土の政治・経済・社会ニュースを日本語で速報します
香港―社会

蚊の繁殖率下降するも、警戒レベル4カ所

特区政府食物環境衛生署は10月20日、2020年9月の蚊の「繁殖指数」を発表した。繁殖指数は香港域内62カ所に設置した産卵誘引トラップから計測しており、20%を超えると警戒ラインとされる。設置箇所は今年6月から黄大仙西、将軍澳東、長洲北など新たに5カ所増やし、62カ所になった。9月の繁殖指数の平均は7・4%で、低い水準だ。しかし、4カ所(楽富西、牛池湾、将軍澳北、青衣北)で警戒ラインを超えた。一方、産卵誘引トラップに何匹の蚊が入っていたかを示す「密度指数」は、香港全体の平均が1・2でだった。同署では、繁殖指数は下降しており、密度指数からすると蚊の個体数は多くないと指摘。しかし、9月の雨量は平年に比べ約2倍と多かったほか、今後も気温と湿度が高めのうちは蚊が繁殖しやすいため、引き続き警戒が必要だと呼び掛けている。水溝のそうじをする、水たまりをなくすなど衛生環境に留意して蚊の繁殖を防ぐことが重要だ。もし蚊の繁殖を発見した場合はホットライン1823へ通報するよう呼び掛けている。

今なら無料 日刊香港ポストの購読はこちらから
香港メールニュースのご登録

日刊香港ポストは月曜から金曜まで配信しています。ウェブ版に掲載されないニュースも掲載しています。時差ゼロで香港や中国各地の現地ニュースをくまなくチェックできます。購読は無料です。登録はこちらから