香港と中国本土の政治・経済・社会ニュースを日本語で速報します
香港―経済

観光局が日本からのバーチャル旅行

香港政府観光局(HKTB)は世界中の人々が自宅にいながらにして香港を知ることができるように、さまざまなタイプのバーチャルツアーを開始し、中でも日本の旅行会社との提携によるバーチャルツアーが好評だ。1月7日の香港メディアによると、バーチャルツアーの時間は1時間半で、ツアーガイドはまずバーチャル日本の空港の旅行会社のカウンターでツアー参加者と待ち合わせをし、その後、バーチャル機内で客室乗務員が機内安全や出入境申告の説明をしながら一緒に飛行する。またツアー参加者はバスが香港の高速道路を縦断したり、黄大仙寺院を訪れたり、香港を象徴する料理を学んだりする様子をビデオクリップから直接見ることができる。ツアーのハイライトは、香港のツアーガイドがネイザンロードや尖沙咀のウォーターフロントプロムナードを案内し、スターフェリーや尖沙咀の時計塔など、人気スポットを紹介。ホテルのオーシャンビュースイートでの滞在を疑似体験できるバーチャルホテルツアーも含まれている。ツアーは3つのパッケージに分かれ、いずれもお土産つき。デラックスツアーではホテルの人気デザートが付いてくるので、日本にいても香港の本場の味を楽しむことができる。HKTBによると、同ツアーは昨年9月にスタートし、当初は3つのツアーに限定していたが圧倒的な反響を受けて昨年12月に延長し、これまでに10回のツアーを開催し130人余りが参加した。

今なら無料 日刊香港ポストの購読はこちらから
香港メールニュースのご登録

日刊香港ポストは月曜から金曜まで配信しています。ウェブ版に掲載されないニュースも掲載しています。時差ゼロで香港や中国各地の現地ニュースをくまなくチェックできます。購読は無料です。登録はこちらから