香港と中国本土の政治・経済・社会ニュースを日本語で速報します
香港―社会

警官がナンバー期限切れの車に発砲

4月8日午前10時ごろ、警官が自家用車に発砲する事件が発生した。同日の香港メディアによると、警官は沙田でナンバープレートの期限が切れたまま走っている車を発見。車を運転していた男は警察の指示を無視して逃走した。警官は警告が無視されたため発砲し、運転手の男の右肩に命中。撃たれた男性は逮捕され、プリンス・オブ・ウェールズ病院に搬送されて治療を受けた。ほかにも警官2人とグレーの自家用車に乗っていた2歳の女児を含む5人が入院した。現場には血痕と割れたガラスが残され、警官は被害に遭ったタクシーの車載カメラを調査。現場の関係者によると、グレーの自家用車は沙田囲道でBMWのサルーンカーに衝突した後、警察の停止要請を無視して銀城路に右折したという。後続のパトカーがグレーの自家用車に突っ込んだが、車は逃げ続け、他の5台の車に衝突したとのこと。事件は警察の交通部門がナンバープレート認識システムの操作を行っていたところ、期限切れのナンバープレートを付けた自家用車を特定し、追跡を開始したもの。運転手は、バス、タクシー2台、自家用車2台を巻き込んだ前後衝突を試みた。 グレーの自家用車に乗っていた2歳の女児がショックを受け、警官2人が軽傷を負い、衝突された自家用車の女性運転手とタクシー運転手が首と背中を負傷。45歳の男性運転手は危険運転、違法目的の工具所持で逮捕され、37歳の女性同乗者も逮捕された。

今なら無料 日刊香港ポストの購読はこちらから
香港メールニュースのご登録

日刊香港ポストは月曜から金曜まで配信しています。ウェブ版に掲載されないニュースも掲載しています。時差ゼロで香港や中国各地の現地ニュースをくまなくチェックできます。購読は無料です。登録はこちらから