香港と中国本土の政治・経済・社会ニュースを日本語で速報します
香港―経済

香港とマカオでトラベルバブル始動

林鄭月娥・行政長官は4月28日、特区政府がマカオと出入境の措置について協議していることを明らかにし、香港市民がマカオを経由して中国本土に入境する抜け道を防ぐことが大前提になるという。4月29日付香港各紙によると、林鄭長官は先に海南省のボアオ・アジアフォーラムに出席した際、マカオの賀一誠・行政長官と両地の出入境再開について協議し、政府は積極的に対応することを明らかにした。だがマカオと本土はほぼ全面的に出入境が再開されたため、ひとたび香港とマカオの出入境が再開されれば香港市民がマカオ経由で本土に入境する可能性がある。マカオとの出入境を再開するにはこれを防ぐ措置が必要となる。観光業界では香港とマカオのトラベルバブルが実現すれば香港市民のアウトバウンドの選択肢となり、香港の旅行会社が地元ツアーの方式でマカオへの旅行ツアーを開始できるとみている。林鄭長官はまた本土に赴くビジネスバブルについて検討していると述べたが、韓正・副首相は香港にまず新型コロナウイルス感染症(COVID―19)流行を食い止めることを指示したという。

今なら無料 日刊香港ポストの購読はこちらから
香港メールニュースのご登録

日刊香港ポストは月曜から金曜まで配信しています。ウェブ版に掲載されないニュースも掲載しています。時差ゼロで香港や中国各地の現地ニュースをくまなくチェックできます。購読は無料です。登録はこちらから