香港と中国本土の政治・経済・社会ニュースを日本語で速報します
香港―政治

黎智英氏、多くの米国要人とメール

外国勢力との共謀罪に問われた壱伝媒集団(ネクストメディア)の創業者である黎智英(ジミー・ライ)氏と『りんご日報』関連会社3社の公判は1月8日に7日目に入り、検察は黎氏の携帯電話に関する警察記録の詳細を記した60ページ近い調書を読み上げた。9日付香港各紙によると、黎氏は、ウォルフォウィッツ元米国防副長官、元陸軍副参謀長およびその事務補佐官、米国台商工会議所会頭ら13人と電子メールでやりとりしていたことが判明した。その後、弁護側はこの事件に関係する35時間以上のビデオを法廷で再生するよう申請したが、検察側と弁護側はビデオの再生方法について話し合う時間を必要とした。

張卓勤・刑事検察官代理は、黎氏とネクストメディアが2018年から20年の間に株主融資契約に達し、黎氏が総額7億5600万ドルの無担保融資をネクストメディアに提供することに同意したことを明らかにした。黎氏は19年4月1日から20年3月31日までの逃亡犯条例の改正反対デモ中、ネクストメディアに4億ドルを融資し、20年4月1日から9月30日までさらに10万ドルを融資した。

黎氏は20年8月10日に香港版国家安全法に基づく「国家安全を危険にさらす外国勢力との共謀」と「扇動目的」の容疑で警察に逮捕された。警察は20年9月1日、黎氏に1時間近くにわたってビデオ録画された取り調べを実施。警察は21年6月から7月にかけて、ネクストメディア元CEOの張剣虹氏と元副社長の陳沛敏氏を相次いで逮捕した。警察は陳氏の携帯電話から「English News」と呼ばれるグループを発見し、そのメンバーには黎氏、張氏、陳氏、『りんご日報』元編集長の羅偉光氏、元アップル・ニュース・プラットフォーム・ディレクターの張志偉氏、 『りんご日報』元副編集長の蒋美紅氏、元論説委員の楊清奇氏(ペンネーム・李平)、『りんご日報』台湾版の陳裕金氏が名を連ねている。

警察は楊氏と黎氏、張氏、陳氏、羅氏らとの間のWhatsApp記録を楊氏の携帯電話から押収し、黎氏はかつて楊氏じ「BLMと逃亡犯条例改正反対運動を混同しないでください」という内容の記事と写真を送ったことがあった。『りんご日報』は2020年1月23日、「一国二制度:香港は実施中、台湾は注目」という記事を掲載。また英語版『りんご日報』元編集長の馮偉光氏のコンピューターからも、2021年の複数の「会議議事録」や「2021年5月の原稿料、国際リアルタイム、祁慧儀」などの文書が押収された。楊氏はメディア関係者の区家麟氏や時事評論家の李怡氏とやり取りしており、彼のコンピューターからも「圧力下でのりんご日報の方向性の微調整」というタイトルの文書が見つかった。楊氏は、2021年1月4日から2021年6月17日まで「国家安全法対応委員会」のSignalグループのメンバーでもあった。

警察は黎氏の携帯電話からWhatsppとSignalの会話記録やその他の情報を入手し、当時、米国国務省上級顧問だったホイットン氏、カリフォルニア州立大学リバーサイド分校教授のペリー・リンク氏、元ネクストメディアのコラムニストでソーシャル情報ネットワークCEOの利世民氏、元在台湾米国協会理事長の薄瑞光氏、『りんご日報』英語版元編集長の馮偉光氏(ペンネーム・盧峯)、ヨン・ワイホン氏、パンジー・ホイ氏の13人と電子メールで連絡を取った。黎氏のツイッターアカウントは約12万人のユーザーにフォローされており、53人のユーザーをフォローしている。その中にはポンペオ元米国務長官、ペンス米副大統領(当時)、台湾の蔡英文・総統、「香港監察」のロジャース氏、重光団隊、中国政策に関する超党派議員同盟、中国に関する米国の中国問題に関する連邦議会・行政府委員会(CECC)などが含まれている。

今なら無料 日刊香港ポストの購読はこちらから
香港メールニュースのご登録

日刊香港ポストは月曜から金曜まで配信しています。ウェブ版に掲載されないニュースも掲載しています。時差ゼロで香港や中国各地の現地ニュースをくまなくチェックできます。購読は無料です。登録はこちらから