香港と中国本土の政治・経済・社会ニュースを日本語で速報します
香港―政治

保釈された黎智英氏が再び収監

壱伝媒集団(ネクストメディア)の創業者である黎智英(ジミー・ライ)氏は先に保釈金1000万ドルなどの条件で保釈が認められたが、特区政府律政司はこれを不服として昨年12月31日に終審法院(最高裁)に上訴許可を申請し、上訴判決が出るまでは黎氏を再度収監することを要求した。昨年12月30~31日の香港メディアによると、終審法院の裁判官3人は黎氏は上訴許可を認め、今年2月1日に正式に上訴を処理することとなった。これにより黎氏は再び収監された。黎氏は昨年12月29日、壱伝媒集団の会長と取締役を辞任した。壱伝媒集団は黎氏の辞任理由を「個人の事務処理により多くの時間を割けるようにするため」で、取締役会との意見の相違はないことを確認したと説明。後任会長には外部取締役の葉一堅氏が任命された。葉氏はマスコミ界に40年余り充実し、過去3年は壱伝媒集団でだけ仕事をしていた。

今なら無料 日刊香港ポストの購読はこちらから
香港メールニュースのご登録

日刊香港ポストは月曜から金曜まで配信しています。ウェブ版に掲載されないニュースも掲載しています。時差ゼロで香港や中国各地の現地ニュースをくまなくチェックできます。購読は無料です。登録はこちらから